2007.11.08

岩手県
 

岩手県では、分娩の取り扱いを中止する医療機関が増え、周産期の専門医がいる病院から遠く離れた場所に住む妊婦も多いことから、モバイルCTGネットワークを構築し、在宅妊婦管理を中心としたモバイルCTGと周産期電子カルテシステムとの連携及び、電子母子手帳との連携を行い、実証する。

 
 在宅妊婦管理システムモバイルCTGと周産期電子カルテとの連携


モバイルCTGを用いた在宅妊婦管理システムとWeb版周産期電子カルテとの連携を産婦人科医のいない遠野市をフィールドとして行う。また、併せてテレビ会議システムを使い通信を行うことで、産婦人科医や助産師、患者とのコミュニケーションを図る。

 
 モバイルCTGネットワーク構築


在宅妊婦管理システムは、小型軽量のモバイル胎児心拍数検出装置と受信側の装置からなる。家庭等で検出された胎児心拍数情報等を、通信ネットワーク網を介してサーバに送り、医師はインターネット網を介して常時、データを受け取ることができる。

 

 電子母子手帳との連携


遠野市が総務省事業で開発したWeb母子手帳と周産期電子カルテの連携を行い、電子カルテ内の診療データを母子手帳に取り組み母親が参照できる。