HPKI 保健医療福祉分野公開鍵基盤 電子認証局のご案内

お問い合わせ MEDIS Medical Information System Development Center

厚生労働省認可電子証明書  HPKI Healthcare Public Key Infrastructure
保健医療福祉分野公開鍵基盤 電子認証局のご案内
一般財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS)

注意 電子証明書ロックが増えています

QRコードのパスワード誤りは5回でロックします。
HPKI ICカードのパスワード誤りは連続15回でロックします。
同封の文書を読んでから操作を行ってください。
解除には再発行手続き(有償)が必要です。
お問い合わせは、こちらのアドレス hpki-ad@medis.or.jp 【@を半角@に変更してください。】

へお願い致します。
なお、行き違いを防ぐため、電話での対応は行っておりませんので、ご注意願います。

HPKIセカンド認証の確認ページ

デバイス認証登録が完了したかどうかは、以下のURLより確認して下さい。
確認は、必ずPCで行ってください。スマホ等では無反応となります。
  HPKIセカンド認証確認(日本医師会のサイト)は、こちら

よくある質問(FAQ)

1.HPKIカードは保健医療福祉関係の国家資格を所持していない病院の事務職員などでも申し込みできますか?
回答:HPKIカードは医師、薬剤師等の国家資格の証明欄(hcRole)を記載しないで発行することができますので、どなたでも申し込みはできます。
2.書類を持参してHPKIカードの発行の申し込みはできますか?
回答:現在、MEDISでは対面発行を行っておりません。必ず送付記録が残る形での郵便でお申し込み下さい。
3.たくさんの人数で申し込みをしたいのですが、発行費用の団体割引などはありますか。
回答:問い合わせ先メールでご相談下さい。
4.HPKIカードの発行にはどのくらいの時間がかかりますか。
回答:現在、大変多くの申請をいただいているため、2~3ヶ月以上かかる見込みとなっています。なお、書類不備で差し替えなどが発生する場合は、さらに日数がかかります。
5.カードのデザインは指定できますか。
回答:MEDIS、公益社団法人日本医師会、公益社団法人日本薬剤師会では、HPKIカードデザインの統一性を図っておりますので、原則としてデザインの変更はできません。
6.既に自分で持っているICカードやメモリ媒体にHPKIキーを書き込んでもらうことは可能ですか。
回答:できません。こちらからICカードを発行する方法のみです。
7.加入者証明書と管理者証明書を1枚のHPKIカードで発行してもらえますか。
回答:いいえ、1枚のHPKIカードには1つの資格しか証明書を入れられません。
8.電子処方箋の導入を検討しているのですが、加入者証明書と管理者証明書どちらで申し込めばいいでしょうか。
回答:加入者証明書をお勧めします。加入者証明書はご自身の持っている国家資格について証明し、管理者証明書は国家資格に関係なく、組織の管理者であることを証明します。
9.既にカードを所有しており、セカンド電子証明書を申し込みたいが、どのように申請すればよいでしょうか。
回答:問い合わせ用アドレスにメールでご連絡ください。専用の申請書を返信メールにてお送りいたします。
  【注意】カード左下にある「発行日」が2022年5月18日までのカードはセカンド電子証明書のみの申請はできませんので、新規としてカード発行申請を行ってください。(新規ではセカンド電子証明書も同時に発行されます。)
参考:既存カードにセカンド証明書を追加する条件
(1)医療情報システム開発センターの認証局から発行されているHPKIカードであること。
(2)内容は既存カードの内容と同じであること。(内容が変わる場合は新規申請となります)
(3)対象となる資格は、医師資格、歯科医師資格、薬剤師資格の3資格のみです。
よくある質問(FAQ)